womo

コラム

編集部が注目するスポットやトレンドなど、女性が気になる地元の楽しみ方をまとめた「コラム」。
イベントの様子や限定情報など、記事形式で紹介。お得なキャンペーンやフェア情報もあるので見逃さないで。

Original

牛乳で美味しい!乳和食レシピ『新年を祝う牛乳雑煮』

ゴクゴク飲むと美味しい牛乳。実は、「コク味」や「旨味」がたっぷりで、料理でも大活躍するのを知っていますか? 中でも注目は、「和食×牛乳」。食材本来の味を損なわずに、食塩やだしを減らして美味しく和食が食べられるんです。そんな“乳和食”の開発者である小山浩子先生によるレシピをご紹介します!

基本のだしにお好きな具材でオリジナル雑煮に『新年を祝う牛乳雑煮』


[材料(2人分)]
〇基本
・水_ 120ml
・かつお節削り節(お茶パックに入れておく)_ 5g
・牛乳_ 180ml
・西京みそ_ 大さじ2
〇丸餅(ゆでておく)_ 4コ
〇にんじん_ 1/5本
〇大根_ 2cm
〇ほうれんそう_ 30g
〇ゆずの皮_ 適宜

[作り方」
①にんじん、大根は花形に切り、だし(分量外)で下ゆでしておく。ほうれんそうはサッとゆでて5cm長さに切る。
②鍋に分量の水を沸かし、削り節を入れて濃いだしをとる。パックを取り出し、牛乳を入れて温めたら西京みそを加えて溶く。
③椀にゆでた餅、にんじん、大根、ほうれんそうを盛る。
④3に2を注ぎ、丸く切ったゆずの皮を添える。

★ポイント
塩分量の低い西京みそを牛乳と合わせ、塩、しょうゆいらずに

乳和食ってこんなにすごい!

・だし汁を牛乳に代えると、食塩を抑えてコクのきいただしに
・味の濃い調味料を牛乳でのばすと、旨味を残したまま減塩へ
・野菜をゆでたり、乾物を牛乳でもどすと甘みとコクがUP
・小麦粉を牛乳でとくと、旨味が加わり調味料の使用量を減少へ

profile:小山浩子( 料理家、管理栄養士)

料理教室講師やメニュー開発、栄養コラム執筆、健康番組出演など幅広く活動。健康と作りやすさに配慮したオリジナルレシピにファンも多い。2015年1月、高血圧協会理事に就任。メディアで話題の乳和食の開発者でもある。

その他の乳和食レシピはこちら

更新日:2020/1/29

この記事をSNSでシェアする