womo

コラム

編集部が注目するスポットやトレンドなど、女性が気になる地元の楽しみ方をまとめた「コラム」。
イベントの様子や限定情報など、記事形式で紹介。お得なキャンペーンやフェア情報もあるので見逃さないで。

Original

-20kgのサイズダウンに成功!? 美の祭典ラティアヒロインコンテストをレポート

アクトシティ浜松にて開催された「Ratia HEROINES(ラティア ヒロイン)」。コンテストの様子を写真とともにお届け!

10月8日(月)、アクトシティ浜松にて「Ratia HEROINES(ラティア ヒロイン)」が開催された。

「Ratia HEROINES」とは?

このコンテストは、「美・健康・食・祝」を通じてより美しく生きるライフスタイルの提案をするトータルビューティサロンのラティアグループが、普段から通われているお客様が、ひとつの目標に向け気持ちを新たにスタートできるようにと毎年行われており、今大会で29回目。静岡店のみならず、渋谷店や横浜店など合計10店舗2,500名がエントリーした。審査方法は、サロンに通っての改善結果による事前審査、そして当日のヘアメイク・衣装・コメントを含めたトータル審査を元に投票結果が加点されて選ばれた。

身も心も生まれ変わった200名が渾身のスピーチ

コンテストでは、新人部門、フェイスフル部門、ボディビューティ部門、フェイスビューティ部門、ベストドレッサー部門、トータルビューティ部門の6つに分かれ、書類審査を通過した200名超のエントリー者たちがこれまでの想いをスピーチ。
「7年ぶりに短パンを履けるようになった」「ニキビが恥ずかしくてマスクで顔を隠していたけれど、マスクなしで生活できるようになった」「好きな人から一目惚れと言われた」など、ラティアに通うようになって得られた生活の変化を告白した。中には合計-1m以上のサイズダウンに成功したという人も!


コンプレックスを解消し、ステージを歩く姿は自信に満ち溢れていた。

ラティアグランプリはMioさんに決定

会場のエントリー者からの投票も加わりグランプリに決定したのはMioさん(21歳・会社員)。-33cmのサイズダウンに成功したという彼女からは、「嬉しい気持ちでいっぱい。スタッフと二人三脚になることで自分に自信がつきました」と語った。


また、印象的だったのはエントリー者と向き合ってきたスタッフの姿。

パートナーとして共に歩んできた分、自分の担当客が受賞すると喜びもひとしお。歓声が上がったり、抱き合ったりする様子が目立ち、アットホームさが魅力のラティアならではのワンシーンだった。

オーナーであるHiroki氏は「サロンにただ通えばいいというわけではなく、365日自分の体と向き合っているのはスタッフではなく本人。努力をしてコンプレックスを解消するためのお供になる商品を開発できてよかったなと思っています」とコメント。

尚、グランプリのMioさんには賞金45万円とラティア商品15万円相当、海外ペア旅行が贈られた。

ボディ部門・ラティアグランプリ受賞の2人にインタビュー!

ボディ部門グランプリAiさんは-20kgの減量に成功!

▲Aiさん(26歳・会社員)

——グランプリを受賞された今の気持ちは?

嬉しいです。正直受賞できるとは思ってなかったのでびっくりしています。


——エステサロンはたくさんありますが、ラティアを選ばれた理由は?

友達の紹介です。「体験をやってみない?」と言われて、軽い気持ちで行ったんですが、自分が思っていた以上にかなりひどい体型だと自覚しました。また、血流がものすごく悪いということを知って、このままいくと命が危ないんじゃないかと危機を感じて通うことにしました。

▲通いはじめ当時(2017年12月)

——実際に通ってみてどうでしたか?

通ってすぐ、夕飯をシェイクに置き換えと言われて「どういうこと!?」と思ったんですけど(笑)、やると決めた以上やるしかないなと思ってスタートしました。お腹が空くかなと心配でしたが満足感があり、甘いものを1日ひとつでも食べないと気が済まない私にはぴったりでした。夕飯が食べられない分、朝食をちゃんと食べようと思い早起きをするようになり生活リズムまで整いました。

▲(左から)担当の古川さん、Aiさん

——ダイエットは継続が難しいように感じますが、そのための原動力になったものは何ですか?

担当の古川さんがいらっしゃったからです。エステは、綺麗事しか言わないという偏見を持っていたんですが、厳しく時に叱りながら正しい道に導いてくれました。かなり親身になってくれたので、この人に着いていこうと言われたことはしっかり守るよう頑張りました。後は周りにダイエットを宣言していたので、外食するときも夜出かけるのではなくランチに誘ってもらったり、まわりが「本当に食べていいの?」と気遣いの声をかけてくれたことも大きいです。


——担当の古川さんから見て、Aiさんはどんな方でしたか?

古川:努力家です。ラティアは二週間に一度来店してもらうのですが、その間にお願いしていたことは素直に受け止めてやってくれました。アイテムやサプリメントを持っていても使用しなければ結果は出ません。アドバイスを素直に受け入れ実行して、飽きずに継続して下さってことで、-20kgと言う結果が出たんだと思います。


——今後の目標は?

体重が成人式と同じくらいに戻ったのですが、その時から太っていると感じていたので、もう少し続けて今まで見たことないくらいの数字を見たいです。これまでは、体重に重点を置いてきたのですが、今後は美しいボディラインも手に入れられるように頑張っていきたいです。


——それでは過去の自分に一言お願いします。

食べ放題は行きすぎちゃダメだよ(笑)。

ラティアグランプリMioさんは完璧な健康美人に!

▲Mioさん(21歳・会社員)

——ラティアに通い始めた理由は?

スタッフに友人がいて、体験に誘われたことがキッカケです。

▲通いはじめ当時(2017年6月)

——実際に通ってみていかがでしたか?

元々太っているわけではなかったんですが、お腹周りの脂肪が気になっていて、通い始めてから目に見えるくらい細くなっていったのが嬉しかったです。


——通い続ける原動力になっていたものは?

まずは結果が目に見えて出てきたこと。そしてスタッフさんとの関係です。ホームケアをしていたのですが、その相談や声かけを頻繁にしてくれて不安なく通えました。


——ホームケアはどんなことをされていましたか?

サプリを飲んだり、ボディジェルを塗ったり、サポーターを毎日つけていました。

▲(左から)担当の中村さん、Mioさん、担当の梅田さん

——担当の中村さんから見てMioさんとはどんな方でしたか?

中村:元々ボディは細身だったんですが、気にしているところが明確だったので施術がしやすかったです。ホームケアでは「サプリを飲むだけ、ジェルを塗るだけ、サポーターや下着を着けるだけ」という毎日簡単に続けられるということが継続のポイントになると思います。
また、元々フェイシャルはしてなかったんですが、通うことで美意識が高まり、さらにキレイになっていきました。できないことはできないと言ってくれたので、スタッフもアドバイスしやすくより良い関係性を築けました。


——賞金の使い道は決めていますか?

歯の矯正をしたいなと思っています。


——そちらも美に関してですね。今後の目標はありますか?

ホームケアを継続して体型維持をしていきたいです。


——ラティアに通おうか迷ってる方にアドバイスをお願いします。

体や顔に対して、悩みがない人はいないと思うのですが、ラティアに通うことで必ず変わっていけると思っているのでぜひ体験だけでも一度来てみてください。


受賞者たちが通う、ラティア自慢の体験メニュー!

最先端の診断機器や施術マシンを駆使し、ハンドと組み合わせた結果重視のメニューが揃うラティア。
さらに、ケアアイテムや生活習慣のアドバイスも同時に行うことで、満足の結果へ導いてくれる。
グランプリのMioさんはもちろん多くの女性を美へ導いてきた、自慢のニューをぜひ、1度体験を。

ラティアとの出会いで、あなたの人生が変わるかもしれません。


studio Ratia 静岡店メニュー

studio Ratia 清水店メニュー

studio Ratia 佐鳴台店メニュー

2018/10/31

この記事をSNSでシェアする