womo

コラム

編集部が注目するスポットやトレンドなど、女性が気になる地元の楽しみ方をまとめた「コラム」。
イベントの様子や限定情報など、記事形式で紹介。お得なキャンペーンやフェア情報もあるので見逃さないで。

コラムシリーズイメージ

womoタイアップ ライター:womo編集部

Original

<静岡県×womo 男性の家事&子育て応援プロジェクト>静岡のイクメンたちをご紹介

womo読者のママ・パパにアンケートを取ったところ、家事・育児について知りたい情報で1番多かったのが「他のパパが実際どんな家事・育児をしているかを知りたい」という回答。普段聞けないアレコレを、家事・育児エンジョイ中のパパたちにインタビュー。

となりのパパのイクメン事情をチェック

清水エスパルス 金子翔太選手

23歳・プロサッカー選手
男の子0歳のパパ

7月にパパデビューしたばかり。子どもの爪切りは手慣れたもの。「試合のない日はできるだけ子どもと一緒に過ごします!」と金子選手

家事・育児は“分担”を意識 身体をフルに使って取り組む

サッカーの試合に練習に、選手として過ごす時間も多い分、試合のない日は奥さんの負担が少しでも減るよう、奥さんが夕食を準備している間に自分が洗濯をするなど、家事・育児の分担を心掛けています。子どもの沐浴は僕の日課です!普段は奥さんと子どもが一緒に寝ていますが、練習が休みの日は早く起きて、子どもの夜泣きで深い眠りにつけていない奥さんに休んでもらうようにしています。サッカーだけでなく家事・育児も体力のいること。父親としてできる限り全力を尽くそうと日々奮闘しています。

【夫婦で大切にしていること】
お互いがそれぞれ自分の時間をもてるよう、思いやりを持つ

【練習の日のスケジュール】
7:30 起床・朝食 → 8:00 練習へ → 14:00 帰宅、奥さんと映画・ドラマ鑑賞、子どもと遊ぶなど → 17:00 沐浴 →18:00 夕食、食器洗いなど →22:00 就寝

©︎S-PULSE

リビエラ株式会社 川村信樹さん

20代後半・営業職
男の子1歳のパパ

定時帰宅で家族と一緒の時間を大切に

家事・育児は妻と二人で分担。平日は出張も多いため、出張のない日はなるべく定時に帰宅し、家族との時間を増やすよう心掛けています。また、子どもの目を見て話すこと、子どもの前ではテレビやスマホをなるべく使わないことに気を付けていますね。そのほか、子どもの好奇心を潰さないよう「ダメ」という言葉を極力言わないようにしています。


【夫婦で大切にしていること】
・両親の仲が良いことが子どもにとっての一番の幸せ
・思ったことは言い合うけれど、喧嘩しても次の日に持ち越さない


【1日のスケジュール】
●平日
6:30 子どもと一緒に起床、自分の仕度 → 7:00 朝食 → 7:45 出勤→ 18:30 帰宅、夕食 → 19:30 子どもとお風呂 → 20:00 絵本の読み聞かせ、寝かしつけ(ママと日替わり) → 22:30 就寝

●休日
6:30 子どもと一緒に起床、自分の仕度 → 8:00 布団干し → 9:00子どもと公園へおさんぽ → 13:00家族でお出かけ → 15:30 子どもと一緒にお昼寝 → 18:30 夕食 →19:30 子どもとお風呂 → 20:00絵本の読み聞かせ、寝かしつけ(ママと日替わり) → 22:30 就寝

ゆうきさん

30代前半・製造業
男の子5歳のパパ

男同士の体験は率先して2人の時間をつくる

習いごとのサッカーや戦隊もののテレビ・映画鑑賞など、妻が分からないジャンルは自分が率先して動いています。なるべく子どもを外に連れ出し、体を動かすようにしていますね。その方が、夜早めに寝てくれますから。また、妻が自宅で仕事をしている際は子どもと遊びに出かけたり、妻のプライベートタイムを設けたりするようにしています。


【夫婦で大切にしていること】
・「子どもの振り見て我が振り直せ」親のまねをするので、 まずは自分の行動を見直す
・家事はできなくても、育児は2人でやる


【1日のスケジュール】
●平日
6:30 起床 → 8:30 出勤 →19:30 帰宅、その日のできごとを子どもとお話 → 20:00食器洗い → 24:00 就寝

●休日
8:30 起床 → 10:00 家族でスーパーにお買いもの →12:00 昼食 → 14:00 子どもと河川敷でサッカー →18:00 夕食 → 19:30 子どもとお風呂

株式会社アクタガワ 杉山鉄二さん

40代後半・広報、管理
女の子7歳、男の子1歳のパパ

パパもママ以上に子育てを楽しむ!

家事・育児力でママにはかないませんが、子育てできる期間を全力で楽しみ、子どもと一緒に成長したいと考えています。毎日子どもたちと一緒にお風呂に入り、遊び、話をして過ごす時間を大切にしています。また、妻と子どもの予定をカレンダーに書き込み、家族でスケジュール管理をすることで一緒の時間をつくりやすくしています。


【夫婦で大切にしていること】
共働きだから、家事も育児もできる方がやる


【1日のスケジュール】
●平日
6:00 起床、支度 → 7:00 子どもを起こし朝食 → 7:30 長男を保育園へ → 8:30 出勤 →20:00 帰宅、子どもとお風呂→ 21:00 子どもを寝かしつけ→ 22:00 洗濯物をたたむ、就寝

●休日
6:00 起床、支度 → 6:30 朝食づくり → 7:00 子どもを起こし朝食 → 7:30 一緒にお出かけ → 18:00 外で夕食 →19:30 帰宅 → 20:00 一緒にお風呂 → 21:00 子どもを寝かしつけ → 22:00 洗濯物をたたむ、就寝

株式会社エンチョー 兼岩将太さん

30代前半・接客販売
男の子3歳、女の子1歳のパパ

自分の得意なこと、ママが苦手なことを頑張る

料理が得意なので、毎日の朝食や休みの日など、できるタイミングで率先してやっています。掃除が苦手なママなので、基本的に掃除は私の担当です。一方で、洗濯や育児全般はママに頼っています。ただ完全な分業というわけではなく、お互いにフォローしながら育児、家事、仕事のバランスを取るように心掛けています。


【夫婦で大切にしていること】
ママが家事・育児をしているときは手伝うか別の家事をする。くつろぐ時は同じタイミングで


【1日のスケジュール】
●平日 ※遅番の日
6:30 起床、朝食の準備 →7:30 子どもを起こし朝食 →8:30 子どもを保育園へ →9:00 家事(洗濯、食器洗い、掃除など) → 11:00 出勤 →22:00 帰宅、夕食、入浴、就寝

●休日
6:30 起床、朝食の準備 →7:30 子どもを起こし朝食 →12:00 昼食の準備、家族一緒に昼食 → 17:00 家族一緒にスーパーで買い物 → 18:00夕食準備 → 18:30 家族で夕食 → 19:00 一緒に入浴 →20:00 長女と就寝

株式会社ジーベック 木村卓哉さん

30代後半・地質調査
女の子6歳、男の子2歳のパパ

休みの日は思いっきり一緒に遊ぶ

平日はほとんど接する時間がないので、休みの日はテーマパークや人気のスポットに連れて行って、なるべく一緒に過ごしたり、遊んだりするようにしています。長女が剣道教室に通っているので、それもなるべく自分が連れて行くようにしていますね。子どもと遊ぶ時間を必ずつくることで成長を見届けています。


【夫婦で大切にしていること】
・子どもを叱るときは、どちらかが必ずフォローする
・お互いの気晴らし時間を作る。ストレス解消の時間は干渉しない


【1日のスケジュール】
●平日
6:45 起床 → 7:00 身支度・朝食 → 7:50 長女見送り(幼稚園バス) → 8:30 出勤21:00 帰宅、夕食、風呂〜風呂掃除 → 24:00 就寝

●休日
8:00 起床、ひたすら子どもと遊ぶ → 15:00 買い物 →17:00 子どもと一緒にお風呂 → 18:00 夕飯 → 20:00 寝かし付け → 21:00 自由時間、就寝

株式会社佐藤園 両角(もろずみ)太郎さん

40代後半・製造販売
男の子12歳・6歳のパパ

子どものやりたいこと、ママの気持ちを尊重する

子どもの世話が妻の負担軽減にもなるので、朝に強い私が朝食づくりや身支度をサポートするなど、できるだけ手伝うようにしています。また、宿題を横に座ってみるなど、気長に付き合うようにしています。仕事で海外に行くことも多く、妻と通話アプリで電話するなど、夫婦間のコミュニケーションも心掛けています。


【夫婦で大切にしていること】
・協力、分担して子どもの世話をする
・お互いの話を聞く


【1日のスケジュール】
●平日
6:00 起床、朝食づくり、子どもと一緒に朝食 → 7:30 出勤 → 20:00頃 帰宅 → 20:30 次男のお風呂の世話、歯磨きの手伝い → 20:45 寝かしつけ → 22:00 長男の塾のお迎え、宿題チェック → 24:00 就寝

●休日
6:00 起床、朝食づくり → 7:00 朝食 →8:00 2人の宿題をみる → 9:00 次男と遊ぶ(子どもが好きなテレビ、ボードゲーム)→ 12:00 昼まで長男の宿題を奥さんと交代でサポート → 13:30 奥さんの買い物付き添い、次男の世話 → 18:00 家族で夕食、片付け、洗い物 → 19:30 子どもとお風呂 → 20:30 寝かしつけ → 22:30 就寝

松坂屋静岡店 柴山佳典さん

30代後半、販売管理・運営
女の子7歳のパパ

共働きならではの仕事と家事・育児バランスをとる

私たちは夫婦共働きのため、家事・育児は“気付いた方がやる”をモットーにしています。特に私は土日が仕事になることが多く、休日が重ならないように調整することも多いです。仕事の日でも、お弁当づくりのため早く起きることも。休日は午前中から子どもの習いごとの時間まで、一緒になって体を動かします。


【夫婦で大切にしていること】
誰がやるではなく、“気付いた方がやる”


【1日のスケジュール】
●平日
5:30 起床、弁当づくり(月・水・金) → 6:45 子どもの見送り → 9:00 出勤 → 19:00 帰宅、夕食 → 22:00 食器洗い → 24:00 就寝

●休日
7:30 起床、朝食づくり・朝食 → 9:00 子どもと遊ぶ→ 14:00 習いごとの送り迎え → 17:00 夕食づくり、夕食 → 20:00 食器洗い →24:00 就寝

株式会社しずおかオンライン 佐野拓也さん

30代前半・住宅アドバイザー
女の子2歳のパパ

子どもと楽しみ、妻とも楽しむ生活を

仕事の日はなかなか家族との時間が確保できないので、休みの日はなるべく家族と一緒にいるようにしています。また、仕事がシフト制のため、平日休みの時には子どもの送迎や掃除、料理などの家事を、土日休みの時には遊べるところを探して外に出るように。子どもだけではなく、妻にも休日を楽しんでもらえるようにしたいなと考えています。

【夫婦で大切にしていること】
・『ありがとう』を言える、言われる夫婦でいよう
・子どものことはなんでも共有し合う

【1日のスケジュール】
●平日
6:15 起床 → 6:30 身支度・朝食 → 9:00 出勤 → 21:00 帰宅 → 24:00 就寝

●休日
7:00 起床 → 7:15 家族で朝食 → 8:30 ママを職場へ送る → 9:30 掃除・洗濯など家事 → 15:15 ママのお迎え → 16:00 家族一緒にスーパーへ、または子どもと散歩 →17:00 夕食づくり → 18:00 家族で夕食 → 19:30 子どもとお風呂 →20:30 子どもを寝かしつけ、その後就寝

自分に合った家事・子育てのスタイルを見つけよう

今回紹介した9名は仕事も生活スタイルも全く異なるけれど、それぞれの環境やママとの連携によってうまくバランスをとっているケースが多い。「〇〇しなきゃ」という気持ちになってしまうとどこか気持ちも向かないもの。休日だけ、朝だけ、など、少しずつ実践してみることで意識やスタイルも変わっていくはず。まずはこの9名のイクメンっぷりを参考に、自分なりの家事・育児法を見つけてみては。

ウーモパパ部入部はこちら(Facebookぺージへ)

ウーモパパ部 特設ページ

まだ間に合う!ウーモパパ部のイベントに参加しよう!

部員限定のイベントに親子で参加!
2回の参加で、ワークショップで作成するアルバム(1冊)と、プロカメラマンによる写真1枚をプレゼント。
夫婦でタッグを組んで“パパ”と“ママ”を思いっきり楽しもう!

開催概要

<第1回目> 

「家族で学ぶ、楽しい休日の切り撮り方」
家族で過ごす大切な瞬間の残し方をwomoのカメラマンが伝授
家族アルバムづくりのワークショップも開催

■日時
2018年10月26日(金) 10:00~11:30

■場所
静岡市静岡中央子育て支援センター4F 子育て交流サロン
(静岡市葵区呉服町2丁目1-1 札の辻ビル3・4F)

■参加定員 
15組

■参加費
無料

■来場者特典
1回目と2回目を参加された方へプロが撮影する家族写真をプレゼント

■参加条件
※親子で、第1回目と2回目に参加できる方
※Facebook『ウーモパパ部』へ登録してくださる方

<第2回目>

「家族アルバムお披露目会&家族写真撮影会」

①2018年11月3日(土)14:00~16:00(受付13:30~)
②2018年11月4日(日)14:00~16:00(受付13:30~)
※いずれか1日を選択

申込&詳細ページはこちら

2018/10/19

この記事をSNSでシェアする