womo

コラム

編集部が注目するスポットやトレンドなど、女性が気になる地元の楽しみ方をまとめた「コラム」。
イベントの様子や限定情報など、記事形式で紹介。お得なキャンペーンやフェア情報もあるので見逃さないで。

Original

昭和の社員寮をアートの場に再生。古き良きモノを見つけに行こう

【あれも、これも、ぜんぶアート!】ここが廃墟だったなんて驚き!食堂やBarとしても活躍中

昭和の香り漂う、クラシカルな外観が目を引く

『金座ボタニカ』は、アーティストたちが集うシェアオフィス。元廃墟という歴史を感じる趣がノスタルジックな気分を抱かせながらも、入居者やサロンは、日々未来に向かって進化を続けている新鮮な場所でもある。館内の資材や家具はすべて、“静岡のどこかで誰かが使っていたもの”。今だからこそ気づける古いモノの美しさや価値。そういった美意識を培うことができるショップが複数入居している。

300号室は展示スペースに。 ※写真は福井揚個展(2018年9月)

304号室・古着屋「chubby×eight」

403号室・衣類の修繕や仕立ての専門店「3(san)洋装店」

金座ボタニカ[きんざボタニカ]

●静岡市葵区研屋町25/ショップによって営業時間や定休日、連絡先が異なるため詳細は公式HPをチェック

公式HPはこちら

その他の「あれも、これも、ぜんぶアート!」

2018/1/1

この記事をSNSでシェアする

連載から探す