womo

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コラムシリーズイメージ

ホール志水の『アナがあったらハマりたい』 県内外のお出かけスポット情報を、本筋を外しつつ私感たっぷりに、お届けしたりお届けしなかったりします。そしてハメを外して顔ハメしていきます。 ライター:ホール志水

Original

<4番ホール>「久能山東照宮」を、超!高速参拝

静岡県内外のお出かけスポット情報をお届け。

顔ハメにも流儀がある!?

そこにあることは判っている。
だけど、そこにたどり着くためのストーリーが必要なんだ。

だれかの名言っぽいですが、ホールさんの戯言です。

今回目指すは、日本平山頂にある、日本平ロープウェイの搭乗口に設置された顔ハメ看板。実は先日、ホールさんの所属する会社のバーベキューがあったのですが、その会場へ行く途中、偶然この顔ハメ看板に遭遇したのです。

そこで撮影したのがこの写真。

悪くはないのです。
悪くはないのですが、なにかが足りない、物足りない。

それはきっとストーリーですね。
会社のバーベキューに向かう途中で唐突に出会いすぎた、この顔ハメ看板。前回同様、思いがけないところで出会ったので、偶然がもたらすストーリー性があるように見えますが、いかんせん団体行動の途中。あまりにハメを外して顔ハメしては、周りの迷惑ってもんです。やむなく、あっさり写真を撮るだけで、その場を後にしたのでした。
というわけで、今回は、わざわざこの顔ハメ看板目指してお出かけしたくなるストーリーを作り、改めてハメに行くことにしました。

そして、今回も例の息子を連れ出します。

リベンジ顔ハメ、いざ出陣!

ストーリーとしてはこんな感じです。

「いいか、今日は父(=ホールさん)と競争だ。
静岡には久能山東照宮という国宝があるが知っているか。知っているなら話は早い。しかし、念のため説明すると、日本全国数ある東照宮の中でも、かの家康公を最初に祀った神社で、当時の技術と芸術が凝縮された社殿が見ものだ。必ず見るべきだ。
その国宝を見るには、日本平からロープウェイで渡ればすぐ行けるのだが、それだと競争にならない。そうだろう? そこでだ、昔の人が久能山の麓から石段を登ってお参りしたように、今日は、その石段を登ってどっちが先に社殿に到着するかを競争する。そうだ、一番てっぺんの賽銭を入れてガラガラ鐘を鳴らすのがついてる場所がゴールだ。石段は、なんと1159段ある。いちいちごくろうさん、という語呂合わせで覚えれば良い。まちがっても、そのまま115963段とか言うな。
今回は競争だから、走って登っても良い。しかし、周りの人の迷惑になるようなことをしたら、その時点で失格だ。わかるな、前が詰まっていたら、無理に追い越すなんてことをするでないぞ。
そして、石段を登っていると門がある。門をくぐったすこし先には柵がある。そこから先は有料だ。小中学生は200円なので、200円を渡すぞ。言っておくが、ジュースを買ったらその時点で負けだ。気をつけろ。
それでは、プレイボール!」

いよいよスタート。負ける気がしない。

まだ余裕の120段あたり。ちょっと離されてるが、すぐに追いつける。ハズ。。。

息は上がれど足は上がらず。見上げたその上にはつずら折の石段。見上げたら負けだね。

やっと到着した、この先有料地点。ヤツの姿はまるで見えない。。。

ある程度は仕方ない。
しかし、ここまで差がつくとは思わなかったのは、ストーリを描くことに気を取られ、己の体力を計算に入れていなかったからだ。
息子が社殿についてから10分後に到着したホールさん。無念。。。

お祈りしているわけではない。息が上がって動けないのだ。

勝ち誇った顔! そして後光が差してやがる!

下りの階段も杖を頼りによろよろ歩き、やっとのことでロープウェイに乗り込み、日本平山頂駅について、顔ハメ看板で撮影。

厳しい戦いになってしまったが、それでも息子の記憶に残るならそれでいいのだ。と思いたい。
それにしても、誰だ、ストーリーが必要なんだとか言ったバカは!許さん!
己との戦いにも破れ、ビール片手に悪態をつくホールさんなのでありました。

ちなみに、ロープウェイ日本平山頂駅には、野良猫が2〜3匹うろうろしてますので、猫好きを誘ってハマりに行くのもよいでしょう。
以上、ホール志水がアナ場からお伝えしました。

「久能山東照宮」と「日本平ロープウェイ」の施設情報です

久能山東照宮

http://www.toshogu.or.jp

TEL 054-237-2438
所在地 静岡市駿河区根小屋390
休業日 無休
社殿拝観料 大人500円、小・中学生200円
顔ハメ 0カ所(ホールさん調べ)

日本平ロープウェイ

https://ropeway.shizutetsu.co.jp

TEL 054-334-2026
所在地 静岡市清水区草薙597-8
休業日 無休(悪天候・設備更新時は運休)
料金 往復大人1100円、小人550円、片道大人600円、小人300円
顔ハメ 1カ所(ホールさん調べ)

更新日:2016/11/7

毎日コラム更新中

更新情報はTwitterをチェック

この記事をSNSでシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コラムシリーズから探す

NewSTANDARD 編集部新店セレクション
NewSTANDARD 編集部新店セレクション womo編集部が今いちばん気になるニューオープン・リニューアル店をピックアップ
フリーマガジンwomo巻頭特集
フリーマガジンwomo巻頭特集 フリーマガジンに掲載した巻頭特集を紹介。季節に合った内容はもちろん巷で話題のコン...
womo編集部セレクト「編集部のコココレ」
womo編集部セレクト「編集部のコココレ」 編集部で「ここのコレがいい!」と評判を呼ぶメニューを掘り下げる企画。人気メニューに...
静岡で味わう旬なグルメまとめ「グルメナビ」
静岡で味わう旬なグルメまとめ「グルメナビ」 旬なワードやエリア、シーンに合わせて、話題のグルメスポットを紹介。
大人の自分磨き「ビューティートピックス」
大人の自分磨き「ビューティートピックス」 女子力をアップしたい人必見!知っておきたい旬なサロン、とっておきの美容法、ダイエッ...
womoタイアップ企画
womoタイアップ企画 地元の企業などとwomo編集部がコラボした企画を紹介。百貨店との商品開発や体験イベン...
しずおかジモトリップ
しずおかジモトリップ 日帰りから休日・週末の旅行まで、静岡県内の観光地・女子旅スポットを紹介。
しずおかトレンドガイド
しずおかトレンドガイド バズっている地元のネタを先取り!季節のトピックや地元密着ネタなど、静岡生活をさらに...
womoシネマ伝道師こしあんの『ぐるぐるシネマ迷宮』
womoシネマ伝道師こしあんの『ぐるぐるシネマ迷宮』 筆者だけの思い出調味料満載の懐かし作品から、あまり共感を得られないようなディープ...
Woman’s File
Woman’s File 静岡の輝く女性をクローズアップ。「リアルライフ」が、働く女性の魅力に迫る『Wom...
芝田里枝のおかわりレシピ
芝田里枝のおかわりレシピ 芝田先生との共著の「魔法のおかわりレシピ」。簡単なのにお洒落でおいしい本当に魔法...
GOOD MUSIC from Shizuoka
GOOD MUSIC from Shizuoka 流行りの音楽や一般ウケしなさそうな音楽まで、“今、イケてる”グッドミュージックを...