womo

コラム

編集部が注目するスポットやトレンドなど、女性が気になる地元の楽しみ方をまとめた「コラム」。
イベントの様子や限定情報など、記事形式で紹介。お得なキャンペーンやフェア情報もあるので見逃さないで。

コラムシリーズイメージ

Woman’s File 静岡の輝く女性をクローズアップ。「リアルライフ」が、働く女性の魅力に迫る『Woman’s File』としてリニューアル!仕事もプライベートも自分のやり方でチャンスを掴み夢をカタチにした女性たちの体験談は、あなたが夢を実現するための原動力になるはず。 ライター:womo編集部

Original

【リアルライフ】クリニーク ビューティーアドバイザー 松村 香里さん

輝く女子を応援する「リアルライフ」womo2月号掲載の女子をご紹介

松村 香里さんにインタビュー


〝コスメ好きが仕事に! 接客や商品知識を身に付け女性の美をサポートしたい”

クリニーク ビューティーアドバイザー
松村 香里さん(24 歳)
1991年浜松市生まれ。短大卒業後、地元の食品会社に就職。以前より興味のあった美容業界へ転職を考えるようになり、2015 年6月より遠鉄百貨店 本館1階のクリニークに勤務。メーカー(東京本社)の研修を受けるなど充実した日々を送っている。

【輝く場所】
遠鉄百貨店 本館1F 化粧品売場
住所:浜松市中区砂山町320-2
電話番号:053-457-0001
WEB:http://www.endepa.com/
※ 3~4月に化粧品売場がリニューアル!
 販売員募集中。コスメ好きの方はぜひ!

Q1.この仕事を始めるきっかけは何でしたか?

食品会社に勤めていましたが、朝4時出社や残業もあり、体力的に厳しく、転職を考えるようになりました。学生時代からメイクや化粧品に興味があり、自分もユーザーで愛用しているクリニークの求人をみつけて入社することができました。転職は勇気がいりましたが、両親の応援もあり、また、接客で学ぶことはすべていい経験になると思い、一歩を踏み出すことができました。

Q2.ビューティーアドバイザーとしてのやりがいを教えてください。

まだ、経験が浅く、勉強中ですが、ご購入いただいたお客様に「また、お願いしますね」と声をかけていただけた時はとてもうれしく思います。私自身、ここの商品で肌が改善した経験があるため、お客様の肌の悩みを伺い、おすすめした商品を気に入っていただけたり、トラブルが解消したという話を聞けたりすると、やりがいを感じます。コスメ好きなので、話題の新商品をいち早く試すことができるのも、ビューティーアドバイザーになって良かったことのひとつです。

Q3.今年の抱負、挑戦したいことなどはありますか?

化粧品の知識はもちろんですが、百貨店の販売員にふさわしい接客ができるようにしたいと思っています。そのためには普段から言葉づかいや表情にも気をつけて、先輩方のように自然に出せるようになることが目標です。休みもしっかり取れるので、今年は旅行もしたいです。プライベートも充実させて内面の美しさも磨きたいですね。

WEB限定インタビュー

Q4.子どものころの夢は?

美容師

Q5.おすすめのグルメ店は?

Johnny’s JAWAIIAN BURGER(浜松市西区大久保町)

Q6.美容で心がけていることは?

肌を乾燥させない。保湿。

松村さんの1日


【オフタイム】休日によく行くハンバーガー店「PARKWOOD61BURGERS」。夜はBBQも楽しめる、ポップな雰囲気がgood。おすすめは、61バーガー。オリジナルチリソースとタルタルソースが絶品!


松村さんの人生グラフ


松村さんのパワーの源

【美容液】クリニークに入社する以前から愛用している美容液「ターンアラウンドセラム」。角質ケアの中でも人気の高い商品で、「サラサラしたつけ心地で、肌の状態が柔らかくなっていくのが体感できます」と香里さんもイチオシ。


【愛犬・ふくちゃん】1年前に松村家の一員になって以来、家族をトリコにしているフレンチブルドッグ(メス・1歳)。犬中心の生活という香里さんは、朝の散歩を担当。休日は浜名湖ガーデンパークや渚園へ連れて行き、思いっきり遊ばせている。


womo読者へのメッセージ

好きな仕事に就けた充実感と、百貨店販売員ならではの様々な人との出会いが私を成長させてくれます。この先、迷ったり悩んだりすることもあると思いますが、好きなことであればがんばり甲斐がありますよ。


2016/1/26

この記事をSNSでシェアする