womo

コラム

編集部が注目するスポットやトレンドなど、女性が気になる地元の楽しみ方をまとめた「コラム」。
イベントの様子や限定情報など、記事形式で紹介。お得なキャンペーンやフェア情報もあるので見逃さないで。

コラムシリーズイメージ

womoシネマ伝道師こしあんの『ぐるぐるシネマ迷宮』 筆者だけの思い出調味料満載の懐かし作品から、あまり共感を得られないようなディープな作品まで、密かな魅力いっぱいのシネマ迷宮へようこそ。出口はたくさんあります。 ライター:こしあん

Original

【映画試写会レポート】『ライオン・キング』8月9日(金)公開

実写もアニメーションも超えた“超実写版”

『ライオン・キング』

《ストーリー》

命あふれるサバンナの王国プライドランド。その王であるライオン〈ムファサ〉に、息子〈シンバ〉が誕生する。だが、シンバはある“悲劇”によって父ムファサを失い、王国を追放されてしまう。新たな世界で彼は仲間と出会い、“自分が生まれてきた意味、使命とは何か”を知っていく。王となる自らの運命に立ち向かうために―。
(公式サイトより)

(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

アニメ版もミュージカル版も観たことがなく、『ライオン・キング』といえば、大西ライオンの「心配ないさー!」が真っ先に思い浮かんでしまう私でも、一瞬にして入り込んでしまう臨場感!

主題歌でもある冒頭の「サークル・オブ・ライフ」の力強さと映像美!
何も知らずに観たら、本気で実写だと信じて疑わないですよ。
これがCGだなんて、ちょっと、何言ってるか分かりません……笑
そんな〈超実写版〉です。
ライオンのタテガミのフサフサ感……何ですか、これ……驚愕します。
まるで本物のサバンナで、野生動物の一員になったような没入感です。

(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

子ライオン時代のシンバがかわいくてかわいくて。
観客は、シンバが生まれた時からずーっと見守り続ける感じになるんですね。

ハイエナに囲まれるシーンは、ものすごくハラハラしました。
カメラワークが素晴らしくて、緊迫感とスピード感がMAX!

こういうシーンも、『アース』とか『ライフ いのちをつなぐ物語』といったネイチャードキュメンタリー映画を観ているような感覚で、脳は半分、実写だと思っちゃってるんですよね。
そんな中で、動物たちがしゃべったり、歌ったりするんで、「アレッ?」って一瞬、混乱する。その繰り返しです……笑

かと言って違和感はまったくなくて、動物たちのリアルな物語としてすんなり受け入れられる。本当に不思議です。

声優さんの声がキャラクターに合っているからでしょうね。生き生きとしていて、壮大な風景のなかで響く透明感のある歌声も素晴らしい。
シンバの幼なじみであるナラ役は、あのビヨンセなんです!
美しく賢く、強い意志を持つ“女性の”ライオンという役どころがピッタリで、優しくも力強い歌声にふるえます。

(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

私が大好きなキャラクターは、シンバの親友となる、イボイノシシ・プンバァとミーアキャットのティモン。特にティモンが立ち上がってキョロキョロする姿がかわいくて!
「ハクナ・マタタ(くよくよするな)」をモットーに、陽気に、自由気ままに生きているふたりを見ていると、ジャングルでもいろんな生き方があるなぁと思います。

世界は不平等だと言って良からぬことを企む叔父のスカーも、彼に従うハイエナたちも、善人も悪人もそれぞれに繋がりや意味があり、過去にとらわれて自分の人生を台無しにしてはいけない。
そんなメッセージが伝わる、壮大なドラマでした。


---------------------------------
『ライオン・キング』
2019年8月9日(金) 全国ロードショー
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

『ライオン・キング』公式サイト

更新日:2019/8/6

この記事をSNSでシェアする