womo

コラム

編集部が注目するスポットやトレンドなど、女性が気になる地元の楽しみ方をまとめた「コラム」。
イベントの様子や限定情報など、記事形式で紹介。お得なキャンペーンやフェア情報もあるので見逃さないで。

コラムシリーズイメージ

womoシネマ伝道師こしあんの『ぐるぐるシネマ迷宮』 筆者だけの思い出調味料満載の懐かし作品から、あまり共感を得られないようなディープな作品まで、密かな魅力いっぱいのシネマ迷宮へようこそ。出口はたくさんあります。 ライター:こしあん

Original

【映画試写会レポート】 9月14日(金)公開『プーと大人になった僕』

ユアン・マクレガー主演、「くまのプーさん」をディズニーが実写映画化!

『プーと大人になった僕』

《ストーリー》

少年クリストファー・ロビンが、“100エーカーの森”に住む親友のくまのプーや仲間たちと別れてから長い年月が経った──
 大人になったクリストファー・ロビンは、妻のイヴリンと娘のマデリンと共にロンドンで暮らし、仕事中心の忙しい毎日を送っていた。ある日クリスファー・ロビンは、家族と実家で過ごす予定にしていた週末に、仕事を任されてしまう。会社から託された難題と家族の問題に悩むクリストファー・ロビン。そんな折、彼の前にかつての親友プーが現れる。
 プーに「森の仲間たちが見つからない、一緒に探してほしいんだ」と頼まれたクリスファー・ロビンは、子供の頃プーたちと過ごした“100エーカーの森”へ。何一つ変わらないプーやピグレット、ティガー、イーヨー、カンガとルーの親子。仲間たちとの再会に喜びと懐かしい日々を感じながらも、仕事に戻らなければならないことを思い出す。「仕事って、ぼくの赤い風船より大事なの?」と、悲しむプーたち。急いでロンドンに戻ったクリストファー・ロビンは、森に会議の重要な書類を忘れてしまう……。
 一方、クリストファー・ロビンの忘れものに気づいたプーと仲間たちは、マデリンの助けを借り、親友のため、初めて“100エーカーの森”を飛び出し、ロンドンへと向かう。クリストファー・ロビンが忘れてしまった、本当に「大切なモノ」を届けるために──
(公式サイトより)


20年くらい前になりますが、一時期、プーさんのあのかわいさにどっぷりハマっていた時期がありました(ちなみにすでに大人です)。
アニメのVHSビデオ(古っ……)、ぬいぐるみ、タオルケット、カーテン、貯金箱などなど、あらゆるプーさんグッズが私の部屋にあふれていたことを、この映画を観て思い出しました。
テーマ曲と共にプーさんのあのおじさんみたいな声で起こしてくれる目覚まし時計も使っていました。

私自身もクリストファー・ロビンと同じように、プーさんのことが大好きだったのに、忙しい日々の中で忘れかけていたんです。

『プーと大人になった僕』の予告を初めて映画館で観た時、「これはヤバイ……絶対、泣くやつ」と思いました。

プーさんがクリストファー・ロビンを呼ぶ時の、あの声とイントネーションがたまらなく好きです。きっとみんな、映画を観たあと2~3回はマネすると思います……笑
イライラするギリギリの、絶妙なテンポの動きとしゃべり方に、ほっこり癒されます。

あと、プーさんの世界にふれるのが久しぶりだったので、あれ、プーさんってぬいぐるみだよね? 本当に生きてるクマだっけ? でも、見た目ぬいぐるみだよなぁ……ピグレットとかティガーもみんなぬいぐるみだよね……あれ、どういうこと?
と、序盤は若干とまどいながら観ていましたが、「考えるな、感じろ」と自分に言い聞かせ、この世界に溶け込みました。

いざ溶け込んでしまうと、プーさんをはじめ、100エーカーの森の動物たちのもふもふ感がかわいくてしょうがない。

私がとくに好きなのは、プーさんの親友で、臆病な子ブタのピグレット。ロンドンでの大冒険の時のこわがり方がかわいすぎてツボです。

プーさんが時折ふわりと投げてくる言葉は、シンプルだけど、どこか哲学的で、忙しい日々を過ごす大人たちにチクリと刺さります。

「何もしない」が最高の何かにつながることもある

この素晴らしいメッセージ、忘れちゃいけない。
ふせんに書いてデスクの上にでも貼っておきましょう。

『プーと大人になった僕』は、夢だけでは食べていけない、大人になることの責任もちゃんと描きつつ、そんな大人が毎日を乗り切るために必要な「安全地帯」を描いています。
たとえ周囲からバカにされても、クリストファー・ロビンにとっての「100エーカーの森」のような存在があれば、人は笑顔を取り戻せるのだと思います。


では私、「何もしない」ことをするのに忙しいので、今日は定時で帰ります。


---------------------------------
『プーと大人になった僕』
2018年9月14日(金) 全国ロードショー

監督:マーク・フォスター
出演:ユアン・マクレガー ほか
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
©2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

『プーと大人になった僕』公式サイト

この記事をSNSでシェアする

連載から探す

ホール志水の『アナがあったらハマりたい』
ホール志水の『アナがあったらハマりたい』 県内外のお出かけスポット情報を、本筋を外しつつ私感たっぷりに、お届けしたりお届け...
womoシネマ伝道師こしあんの『ぐるぐるシネマ迷宮』
womoシネマ伝道師こしあんの『ぐるぐるシネマ迷宮』 筆者だけの思い出調味料満載の懐かし作品から、あまり共感を得られないようなディープ...
ゆとり最前線サツキの『快感フレーズは添えるだけ。』
ゆとり最前線サツキの『快感フレーズは添えるだけ。』 完全筆者主観の、心地いいと思った音楽と快感フレーズをご紹介。「わかるわ~」と共感...
ほしママ★の 『 おしゃれに おうちごはん♪ 』
ほしママ★の 『 おしゃれに おうちごはん♪ 』 womo編集部・ほしママ★が、美味しくて手軽にできる、おしゃれ&フォトジェニック...
つぶとこしの『コマ切れ東海道あるき旅』
つぶとこしの『コマ切れ東海道あるき旅』 文章担当の妻【こしあん】と写真担当の夫【つぶあん】。日頃まったく運動せず、極度の...
Woman’s File
Woman’s File 静岡の輝く女性をクローズアップ。「リアルライフ」が、働く女性の魅力に迫る『Wom...
womo編集長コラム
womo編集長コラム womoで取り上げた特集の制作裏話やテーマへの想い、最近気になるトピックまで。w...
“ウーモ”の会社
“ウーモ”の会社 womoをつくっている会社「しずおかオンライン」のなにげない日々をご紹介するコラ...
芝田里枝のおかわりレシピ
芝田里枝のおかわりレシピ 芝田先生との共著の「魔法のおかわりレシピ」。簡単なのにお洒落でおいしい本当に魔法...
GOOD MUSIC from Shizuoka
GOOD MUSIC from Shizuoka 流行りの音楽や一般ウケしなさそうな音楽まで、“今、イケてる”グッドミュージックを...
オクシズでひとやすみ
オクシズでひとやすみ まだ知られていないオクシズの魅力を大発掘!オクシズならではの心休まる食やお店を紹...